足腰の健康を支える|グルコサミンの効果を調べておこう

快適な日々を送りたいあなたの味方

成分の働きには違いがある

膝

グルコサミンは軟骨そのものを強化し、コンドロイチンはクッションの働きがあることから、関節をスムーズに動かす効果が期待できます。このように、関節ケアに有効な2つの成分は、働きが全く違います。効果的な関節ケアをするためには、両方の成分を摂取することが大切です。

軟骨を守るには

膝

グルコサミンは天然のアミノ糖で軟骨成分の一つです。これが不足すると関節痛などを引き起こします。サプリメントはエビやカニ由来のものと植物由来のものがあります。これは携帯ができいつでも飲めるので便利です。

関節に重要なもの

栄養補助食品

グルコサミンは軟骨を生成するのに必要不可欠なものであり、年齢とともに減少します。グルコサミンはサプリメントで簡単に継続して補給することができ、高齢者だけでなくプロのアスリートや営業職からも愛用されています。

健康であるために

サプリ

足腰に良いもの

階段の上り下りが辛くなった、長い距離を歩くのか辛くなった、長い間座って、立つ時が辛いと言った足腰が弱くなったと年齢を重ねるごとに感じる悩みか増えていきます。そういった悩みの強い味方がグルコサミンです。テレビCMやテレビ番組、雑誌などで耳にしたことがある人も多い健康素材だと思います。グルコサミンは、魚や動物のムコ多糖類に含まれる成分です。エビやカニなどの甲殻類に多く含まれています。グルコサミンは、人の体内にも存在します。軟骨に含まれており、年齢とともにグルコサミンは、減少してしまいます。そのため、軟骨がすり減ってしまいます。そのことによって関節がスムーズに動かなくなってしまい、足腰が弱くなってしまったと感じる事となるのです。そのため、減ってしまったグルコサミンを補わなければなりません。普段の食事では、なかなかグルコサミンを摂取することは難しいのです。そのため、グルコサミンを配合したサプリメントなどの健康食品を摂取するとより、足腰が強くなるのです。そんなグルコサミンは、1日どのくらい摂取したら良いのでしょうか。1日1500ミリグラムとされています。いくら、効果があるからといって、それ以上摂取してしまうと体に負担がかかってしまい、効果が発揮されなくなってしまうので注意が必要です。より効果を高めるには、グルコサミンの量を増やすのではなく、コンドロイチン硫酸を一緒に摂取すると相乗効果が得られより効果が高まります。