足腰の健康を支える|グルコサミンの効果を調べておこう

男の人
  1. ホーム
  2. 成分の働きには違いがある

成分の働きには違いがある

膝

両方の摂取が必要

関節ケアを考えている人に効果的な成分として知られているのがグルコサミンとコンドロイチンです。どちらも関節ケアには有効とされていますが、どちらを摂取したらいいのか、どんな違いがあるのかと思っている人もいるでしょう。それぞれの成分の働きを簡単に言うと、グルコサミンは軟骨そのものを強化してくれる成分です。コンドロイチンは関節の動きをスムーズにしてくれます。年齢を重ねると、どうしても軟骨がすり減り痛みなどが生じることがあります。グルコサミンを摂取することにより、そのすり減った軟骨の改善効果が期待できます。コンドロイチンは保湿力の高い成分です。この保湿力によって、関節部分のクッションの役割をしてくれます。この効果によって関節をスムーズに動かすことができようになります。このようにグルコサミンとコンドロイチンとでは、明らかに働きに違いがあります。そして、関節ケアには、この両方の成分が必要であることが分かっていただけるのではないでしょうか。サプリメントの中には、グルコサミンだけ、コンドロイチンだけを配合した商品も多いです。しかし、効果的な関節ケアをするためには両方の成分を摂取することが効果的なケアへとつながります。関節は日常生活でも、仕事をするにしてもとても重要な部分です。関節にある軟骨は年齢を重ねればどうしてもすり減ってくることから、日頃のケアが重要になります。関節の動きが悪くなってからではなく、早めにこのグルコサミンとコンドロイチンを摂取して関節ケアをすることをおすすめします。